kmng雑記

kmngです。雑記やってます。 忘れないように頑張るよ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

限りある日々のこのミコト

じまんぐの世界-儚きものたちへ-を最近ずっと聞いてます、kmngです。

前回の-Balance-が「じまんぐの遺書」だったのに対して
今回の-儚きものたちへ-はその反対、「生きること」といったものを
真剣に見つめている-Core-に近いアルバムであるというような話を
ラジオで聞いたような覚えがあります。

IILの頃のショートストーリーのキャラクターであるところの
「ロン坂本」に関する曲も入っているんですが
その「彼」がどういう「生き方」や「考え方」をしたのか
そういう部分も想像しながら聞いてみると
また違って聞こえる部分もあるかも知れませんね。

このロン坂本の話に関連してこんな話を
こないだ昔の知り合いとしてました。
酒の席だったので適当なことばっかり言ってたりしたんですが
どういう話か、というと
「化石燃料に代わるエネルギー」に関するお話。

やれ水素がどうこう、ソーラーパネル作るったってロハじゃねえ、だの
色んな話をしてたんですが
ロン坂本が確かそのエネルギーの発見者だったんですよね。
もちろん、じまんぐのショートストーリーの中のお話ですが。
エネルギー問題ってのはこれからどんどん深刻になってくるでしょうから
新しいエネルギーってのはそれだけとんでもない価値を持つもので。

その、世界を手に入れられるエネルギーを手に入れて
世界を相手にロン坂本は何を思ったんだろう、というのが
Ronの世界なんですよね。…軽く宣伝を含んで書いてますが。

その酒の席で、友人が言ってた言葉で
凄く印象に残った言葉がありまして。
曰く、
「エネルギーが枯れるのが先か、生み出すのが先か。
 俺は技術者が勝つって信じてるね」

なんとも心強い台詞でした。
最先端の研究がどうだ、ってのは知ったこっちゃ無いんですが
技術屋はこうでなくちゃな、なんて思ったりしてました。
俺も頑張ろう。
スポンサーサイト
じまんぐ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。